item #
SA5-120

 



1/5スケール
北条 時宗 公

北条時宗公 鎌倉時代の第八代執権、北条時宗は、何と言っても、最大の国難・元寇(文永・弘安の役)を撃退したことで知られる日本史上の英雄です。
 北条時宗は当時盛んになりつつあった禅宗に帰依し、大変信心深かったことでも有名ですが、不思議なことに、肖像画としては僧侶姿のものばかりで、武将としての姿がほとんで描かれていません。北条時宗が執権として政務を執った時期は、間違いなく武家の棟梁としてであり、若干34歳という若さで病没した彼が、実際に出家したのは逝去した当日であった、即ち、生きている間は僧侶姿ではなかった、ということはあまり知られていません。
 NHK大河ドラマ「北条時宗」でも、和泉元彌さん演じる時宗は、終始、武将姿であり、僧侶姿ではありません。本作品は、彼の功績からも、あくまでも 武家の棟梁らしい勇ましい武将の出陣姿を再現しました。大河ドラマの劇中にも登場する、元寇直前の二月騒動で反乱軍を鎮圧するための出陣姿で、ドラマ同様、武家の棟梁らしい華麗で豪華な「白糸威大鎧」を身に纏った、総大将らしい凜凜しい姿を再現しています。

台座サイズ: W 245mm×
D 185mm×
H 20mm
全体の高さ(台座含む):  450 mm

http://www.1059d..com