item #
HR5-001

 織田信長は、日本史上最大の英雄と言っても過言ではなく、天下統一を目前にしたその非業の死(本能寺の変)とともに、戦国ファンでなくとも日本人なら誰でも知っている武将と言えるでしょう。武者人形工房を謳う戦国堂としては、避けては通れないキャラクターで、2001年の創業以来、その完成は大きな目標であり悲願でもありました。
 しかしながら、他の武将と違い、南蛮(西洋)風の出で立ち、象徴的な武器・火縄銃、馬印、人によって大きく異なる信長のイメージ(顔立ち)等々クリアしなければならないハードルが多すぎてなかなか実現しませんでした。これまで何種類かの作品を発表して参りましたが、どれも100%納得のいくものではなく、特に南蛮(西洋)風の出で立ちと火縄銃に関しては、これまで長年試行錯誤を繰り返して参りました。そんな経緯で、この度やっと完成にこぎ着けたのが本作品です。
 この作品では、有名な長篠合戦に赴く、火縄銃を持ち、金の傘の馬印を持たせた小姓を従えた信長の出陣姿を再現しています。

1/5スケール
織田信長(出陣)
台座サイズ: W1000mm×
D 4030mm×
H 20mm
全体の高さ(台座含む):  800 mm

http://www.1059d..com