武者人形工房 ★★★ 戦国武将 (織田信長 上杉謙信 武田信玄 etc.) 武者人形、戦国武将グッズの「戦国堂」 公式サイト ★★★
戦国武将・武者人形の戦国堂
メニュー 人形の特徴 特注製作 武者人形一覧 姫人形一覧 飾り台・屏風 人形ケース 限定商品
武者絵とは 作者について 複製画 色紙(武者絵) 色紙(武将の言葉) 軍旗
源義経 源義仲 平家一門 足利尊氏 新田義貞 楠正成 上泉信綱
武田信玄 上杉謙信 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康 真田幸村 伊達政宗
HOME 端午の節句 FAQ 通信販売表記 ギャラリー 資料室 店主の部屋
注文方法 How to order E-mail

LANGUAGE
日本語のページへ
jump to the English page

織田信長
織田信長
上杉謙信
上杉謙信
武田信玄
武田信玄
今川義元
今川義元
北条氏康
北条氏康
徳川家康
徳川家康
直江兼続
直江兼続
真田幸村
真田幸村
斎藤道三
斎藤道三
加藤清正
加藤清正
源義経
源義経
武蔵坊弁慶
武蔵防弁慶
源頼朝
源頼朝
那須与一
那須与一
新田義貞
新田義貞
馬上武者
伊達政宗
明智光秀
明智光秀

松永久秀

武田信玄
Takeda Shingen



武田信玄 武田菱
 武田信玄
 (たけだ しんげん)
風林火山武田信玄は、単に武将として戦に強いだけでなく、政治家、外交家、経営者としても戦国時代を代表する超一流の人物であったことは疑いなく、それは徳川家康を始めとする多くの同時代や後世の偉人達が少なからぬ影響を受けていることからもうかがい知れます。
最近では、その風貌について諸説あり、必ずしも従来のような堂々たる体躯で、思慮深く威圧感のある重厚な人物イメージであったかどうかは、議論の分かれているところですが、戦国堂の武田信玄は、やはり従来通り、甲斐の虎の迫力のある重厚な姿を再現するように努めています。
武翔

注1) 各人形の写真をクリックすると、アングルの異なる拡大写真と解説をご覧いただけます。
注2) 表示価格には消費税が含まれておりません。なお、本サイト(戦国堂)からのご注文を希望される方は、上記メニューからE-mailをクリックし、メールにてご注文内容をご連絡下さい。
注3) ここでご紹介する武者人形は、他店ではお求めになれない「戦国堂」オリジナルの人形です。
一体ずつ職人の手作りによる製作のため、大量生産はしておりません。また、新作については、頭(かしら)、鎧兜、衣装、その他付属品が揃って初めて組むことができるという非常に手間と時間を要する製作工程のため、企画から完成まで数ヶ月〜半年程度の日数がかかります。各人形とも数体の在庫しか持っておりませんので、品切れの際はご容赦下さい。
注4) 在庫が3体以上あるものについては特に表示をしておりませんが、在庫が2体を切った商品については、青字で在庫数を表示しております。また、赤字で「在庫切れ」とあるものは一時的に在庫を切らしておりますが、後々追加製作し補充される商品です。なお、赤字で「完売御礼」とあるものは、頭やパーツの型がなく、再製作が難しく補充される予定のない商品です。

1/5スケール

SA-5-301
武田信玄
武田信玄
(諏訪法性兜)
価格等については、武者人形
(一覧)ページをご参照下さい。


戦国堂の武田信玄人形について
天下に覇を唱える夢を実現できなかったために、日本の歴史という大きな流れの中では、時代の主役にこそなれませんでしたが、武田信玄が日本の戦国時代を代表する偉大な武将であったことに異を唱える人はいないでしょう。このことは、後に「天下人」として時代の主役たり得た織田信長や徳川家康が武田信玄の存在を最も恐れ、かつ様々な面でその影響を受けたことからも窺い知れます。

一般に、戦国時代を代表する武将・武田信玄には、思慮深く威圧感のある重厚な人物イメージがありますが、これは多分に高野山成慶院蔵の肖像画と映画やドラマ、さらには甲府駅前や川中島古戦場跡にある銅像の影響によるものでしょう。最近では、従来のイメージと異なる「瓜実顔の優男」の風貌であったとの説も有力になりつつあるようですが、戦国堂の武田信玄の頭(かしら)の製作にあたっては、やはり従来通りの迫力のある風貌を再現するように努めました。具体的には、映画「影武者」で黒澤監督のキャスティング当初の意中の人であったと言われる勝新太郎さんの迫力ある野性味と、NHK大河ドラマ「天と地と」で信玄を演じた高橋幸治さんの知性と重厚感をミックスしたイメージで製作されたものです。

右写真の人形は、ヤクの白毛をあしらった有名な諏訪法性の兜を被せ、朱の法衣をまとい軍配を構えた甲斐の虎のおなじみの堂々とした姿を再現しています。

5周年の新作シリーズでは、衣装だけでなく小さな小道具類に至るまで細部を見直し改良を加えました。右最下写真は、手に持たせる軍配ですが、武田信玄使用と伝わる現存する軍配のうち、最も柄の長い細身のものを再現しました。小さめの団扇部分の腹には朱の日輪(日の丸)、柄の先には朱の紐飾りを付け精巧なつくりにしています。

実は、武田信玄の人形は、数年前に1/4スケールで製作したのですが、威風堂々とした姿はそのままに、よりコンパクトな1/5スケールで再現したのが写真の人形です。戦国時代を代表する名将・武田信玄は、そのスローガン「動かざること山の如し」の通り、やはりどっしりと腰を下ろした姿が最も似合います。




諏訪法性の兜を被った武田信玄


戦場での武田信玄


軍配

武田信玄の肖像画と銅像
武田信玄 武田信玄 武田信玄 武田信玄
武田信玄像(高野山成慶院蔵) 武田信玄像(典厩寺記念館蔵) 武田信玄像(高野山持明院蔵 JR甲府駅前の武田信玄像
武田信玄と上杉謙信 武田信玄
川中島古戦場跡の武田信玄と上杉謙信の像 JR塩山駅前の武田信玄像

INDEX
HOME人形の特徴武者人形一覧特注人形家紋武者人形
源義経|平家一門|新田義貞楠正成織田信長今川義元
上杉謙信武田信玄武田勝頼徳川家康直江兼続伊達政宗真田幸村
北条氏邦天草四郎ナポレオン限定セット人形ケースギャラリー資料室
FAQ通信販売表記店主の部屋
ENGLISH注文方法E-mail


Copyright (C) by INTER-LAB CORPORATION. All rights reserved.
掲載内容・写真の無断転用を禁じます。